ふたつめの記憶
これも、ずっとあなたに話したいと思っていたし
同じくらい、あなたには秘密にしたい、と思っていたんだけど
いま、聞いて欲しいな、と思って。
この記事ずっと残ってると思うなよ!
まつながです。

4/30、近況報告というブログを書かせて頂きました。
手の怪我の経過の話なんだけど

伝えたかったのは、
「この手は元に戻らないかもしれない」ていうことだったと思う。
信じられないかもしれないけど
そうかもしれない、という覚悟を決めて、
現実を受け入れることにした。

そうしたら、君に話したいと思った。

昨年秋、ワンマンライブのときに
うた+鍵盤、はらぺこ通常編成の「一番星」という作品
7曲+朗読というCDをリリースしました。

これは、
「ライブ録音って結構よくない? みんなにも聞いて欲しいな」ていう気持ちで
町田WESTVOXのステージ、
いつも通りの立ち位置に近い状態で、
いつもみたいに、音響の田村さんがミキサーにいて
ていう状態で録音しました。

このあいだ久し振りに通して聞いたんだけど、

そうだなあ
怪我をした、という話をしたら、
「あのCDはいつもの鍵盤で弾いた?
 あの鍵盤はね、あんなに強く弾かなくてもいいかもしれない」と言われた。
あの人が言うんだから、そうかもしれないなあ。
なんて思っていたんだけど、
改めて聞いたら、びっくりするくらい言いたいことがわかった。

あんなに荒ぶることはなかったかもしれない笑
でも、あのときのわたしは、



2013年の春
巨大な悪魔のようで、溢れるこうふくだった
"カナリアは夢を見る"スリーマンライブを終えた5月
すごく悲しいことがあった。
でも、今のわたしの生活には直接関係なくて

5/15のライブの前、
みおりさんにはどうしても話を聞いて欲しくて
わたしがいま、何に悲しんでいるか、苦しんでいるか
みおりさんには知っていて欲しくて、話をした。
話すべきだったとわかっていたし、
聞いてくれるっていう確信もあったし、
みおりんはきっと「聞けてよかった」て言ってくれるよね。

その直後、
愛するフレッシュネスバーガーで、
何故この人に話してしまったかは思い出せない笑
聞いて欲しかったんだろうなあ。
この人も、わたしの近しい人だ
あれから1年経つけど、
公私共に、わたしの悩みとかほとんど知ってる人だと思う。

その前に、電話をした人がいて。
確か別件で電話したんだけど、なんだかやっぱり聞いて欲しくて
でも、良い話じゃないからさあ
恐る恐る話したんだけど、
ねえ、君はそのときわたしに何て言ったか覚えてる?
わたしは君とたくさん話をして大半忘れるけど、
この言葉だけは、ずっとずっと覚えている。
そのひとことに、確かに救われたんだ。


もうわたしは確かに救われたのに、
その人がブログに書いてくれたそれが、
わたし宛てだっていうのはすぐに気がついて当たり前だ

それが、「ふたつめの記憶」の1番のサビ
それをiPhoneのメモに貼付けて、
前後に歌詞を加えて曲にした。
嬉しかったし、覚えていたかったし、救いたかったんだと思う。
そして、「あなたがいたことを忘れない」
その言葉を、みおりさんに歌って欲しかった、とも思った。


この悲しみと救いを封印しようと思って、
一番星のセットリストに入れた。

だから、そのときにわたしのそばにいてくれた、
長岩さんと松下に、レコーディングに立ち会ってもらって

長岩さんにずっと言われてたんだ
「君たちの音楽は、ノーミスであることが1番大事ではない」
「平均的な100点よりも、どっかで70点があったも、120点130点を目指せ」
そして、
「もっと荒くていいよ」

ふたつめの記憶のサビを弾くと、
今でも長岩さんのことを思い出す。
どれだけ変わっても、
時間が経って、
どれだけわたしの親指が動かなくても、
あなたが愛してくれなくても、
感情全部でぶつかる。

この感情全て、が
「一番星」の全てだと思っている。

そして、
すごく寂しくて悲しいけれど、
手の怪我のあとの今の世界では、
この弾き方には帰れないと思っている。

本当に悪いことではない、
怪我したあとの君のピアノよかったね、変わったね、
そう言ってくれたこと本当に嬉しかった。
その言葉を信じてる。わたしも

だから、「一番星」
もう手の届かない、
わたしにとってとても大切な作品です。


そして、3/19
これ以上の苦しみはない、と思った2013年の冬を越えて
更なる絶望、不可抗力の苦しみの中、
この曲を、
大好きなおすずの誕生会で、
大好きな天野お兄ちゃんと、松下と、
一緒に弾けたことは、今でも本当に嬉しく思ってる。
ありがとね大好きだよ

「ふたつめの記憶」というタイトルは、救いだった。
ひとつ、わたしには悲しい記憶があって
それを、あなたに預けて
あなたが救ってくれたことが、わたしの「ふたつめの記憶」でした。

それがまた、新しい記憶になって
大好きな人と一緒に演奏できて
どんどん、進化して愛しくなっていくなあ、て思ってるよ。
これからも大切に弾くね。

あの頃の悲しみと救いを、「一番星」に預けられてよかった。
今は、あの悲しみの中にはいないから
あのときのおもいが、わたしの音が、
ひとりでも多くの人に届きますように。






ていうか1枚でも売れろォォォ!!!!!

フルで試聴できるURLを貼ったあとに言うことじゃないかもしれないけど笑
一番星の装丁まじでかわいいから、ちょうかわいいから
お宅の本棚に入れてください。

次の制作を考えている。
手が治ってないのにレコーディングの話とか、
次の企画の話とか何も出来ん、と思って臥せっていたときに
わたしは「一番星」のブックレット構成をお願いしていた
森瀬ユウを呼び出した!
森瀬と色々話をして、次も何か作りたいな、と思って
次も森瀬と仕掛けたいな。

「わたしこれやろうと思ってンだけど」
「だったらもっとこういうことしようよ!」てみおりんが言ってくれた。
だから次はそれを作りたい。

装丁とかちょうこだわりたいじゃーん
好き勝手お金掛けて好き勝手にやりたい。
売れる売れないは関係ない?
いやいや、うちに今何百枚CDの在庫あるんだよ……
うち、mosimoのCDもあるから、4種在庫あるんだよ、
うちそんなに広くないんだよ……


頑張れ、て思ってくれるなら是非CD買って
ライブに来て下さい。
あなたが何をして、何をしなくても
わたしたちは音を出しますし、
まあなんぼ言っても制作もやります。
制作は、自分に対するご褒美だと思ってる。
弾くだけ弾いて、好きなこと言ったらそれが形になるからな!
田村さん、ナツキ、森瀬、いつも本当にありがとう……!!!

ただ、届けば良い、と思ってる
もっと頑張るから
不可抗力にも負けない……
ごめん、ちょっと泣いちゃうかもしれないけど
やっぱり弾きたいって思うから。


あなたの傷跡を抉って、
やわらかに回帰しますように。
季節が何度巡っても、
あなたのそばに居られますように。


CDはライブ会場でゲットしてね!
最近、mosimoのCD持ってくのサボってるんだけど、
言ってくれたら絶対持ってくから!

5/7(水) 下北沢屋根裏(21:30頃〜)
5/20(火) 心斎橋FANJ(大阪) 
5/28(水) 代々木Zher the ZOO
6/7(土) 下北沢屋根裏←mosimo←Low tension Hikki- レコ発!!!
7/5(土) 新宿御苑MERRY-GO-ROUND←57pictures × はらぺこ
一番星 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://helleborus.harapeco.ciao.jp/trackback/894482
<< NEW | TOP | OLD>>