零になる
みおりです
久しぶりになりすぎてしまいましたー
ごめんなさい

カナリアは夢を見る@Wild Side Tokyo
昨日やっとDVDを見終えて、ほんとうに終わった、スリーマンが終われた
たくさんのご来場ありがとうございました
行きたかった...という言葉もたくさんいただきました
会場には来られなかったひとの顔も、
わたしにはしっかり見えていましたよ!
日頃から近くに居てくれるみんなのことを見て
歌ってきました





DVDを見ていて改めて感激した諸々...
Wild Side Tokyoのスタッフのみなさんほんとうにありがとうございました
うたうことに集中して気持ちよく臨めたのも
姐さん、みーちゃん、ふじくん、鈴さん、みなさんのおかげです
店長さんもありがとうございました

長岩さんは最後まで粋な計らいをたくさんありがとうございました
長:「みおりさん好きな単語は?」
美:「ふんわり?」
会場で売ってたカクテル名に「ふんわり」がついていた理由はこれ笑
スリーマン本編を締めの言葉で納めてくれたのも長岩さんでしたね
本当にありがとうございました!



はじまる前も、おわってからも、
スリーマンの事をいっつもワンマンって言い間違えちゃうくらい
それくらい一体となって臨んだ日々
ついに迎えた当日、自分の身体は会場に在るんだけど
なかなか気持ちがついてきませんでした

O.A.のpomm pommの音が聴こえたことでやっと開演の実感が湧いた
pomm pommの音があの時確かに鳴ってたなぁ
私の身体を起こしてくれた音でした
会場で聴きたかったけど楽屋で堪能するという贅沢
カールモールマダムとセンチメンタル岡田くんのユニットです
素敵な幕開けをありがとうございました





レトロリブラのゴーストリスナーという曲が好き
松下直樹の歌うゴーストリスナーが好き
今泉沙友里のメアリーが好き
さゆりんの歌うメアリーが好き
どれも自分が歌うとなると
もう話が全然違ってくる

歌うことで
別れとはじまりが一気にきて
終わった頃には好きの意味が変わってたりする

何一つとしてふわっとしたものがなかったな
あれ、重い?笑

向き合いすぎて良くわからなくなっちゃうその前に
ステージはよ来い!とも思ってた

大学の軽音部時代に
いろんな人のコピーをたくさんやらせて頂いたんですが
どんな曲も壁が高くて高くて
毎回胃の中が重かった
すごい色だったと確かに記憶してる
噛んで、噛んで、飲み込むんだけど
どろっどろで消化してくれないんですよね

誰かの曲を歌わせてもらえることは
いつもほんとうにありがたいことですね
さゆりん、リブラどうもありがとう





「カナリアのDVDを見て、
 ああ、みおりには救われっぱなしだったなあ と思って
 たったひとり、
 共に歩むと決めたのはこの人で
 この人は揺るぎなかった。
 ずっと歌が好きだったね。これからも」

わたしがこうして歌との距離を保てているのは
まつながさんの存在なくしてはあり得なかった

此処で、
この瞬間に、
すべてをかけて、
そういう戦場の景色をこんな風に共に見られるのは
後にも先にも彼女以外にはいないと思うのです

うたっているときも
うたっていないときも
ありがとう

また明日も、此処で歌っています
カナリアは夢を見る comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://helleborus.harapeco.ciao.jp/trackback/894362
<< NEW | TOP | OLD>>