はらぺこ、休止前さいごのライブ
みおりです
さいご、はらぺこSea Childについてお話させてください

24時間ネットテレビー1日目ーの記事
24時間ネットテレビー2日目−の記事
続きの日記です
3つに渡った記事にしたの初めてだなぁ
すみませんこれでおしまいです笑




はらぺこ次はSea Childの出番だからサラっとやりきる予定だったのですが
仙台からこの時間のために来てくれた方もいたし、ひとこと言わずにはいられなくて、
「8年間続けてきましたが活動休止することにしました」って言った後だったかな、予想外に言葉に詰まってしまいました
皆さんに8年間ありがとうってちゃんと言えてたかな...
まつながさんに伝えたのは覚えてる、色々とわがままを許してくれてありがとう


ある方から「疲れもピークで喉の調子も良い状態とは思えなかったけど(略)」と言われ
(注:これ褒めてもらった言葉なんだけどその部分は恥ずかしいから省略します笑)
最後なのにそれは本当にごめんなさいと思いました 

今回3バンド分ライブするから2日目に備えて寝る部屋予約したのですが、
横になっても脳内興奮状態で音楽が鳴りやまず、眠れなくてどんどん高まる一方でした笑
それだけ音楽の濃いイベントだったんですね
改めて皆様ズに感謝です

今回はらぺこで歌ってる時に特に目合わせられなかったうちの一人がZowie の松木田さんで、
彼の方向に体を向けたときに、松木田さんも目をそらしているような気がしました
気のせいだったらごめんなさい笑 
何か分からないけど、打ち上げでも松木田さんの席に行きたいけど行けなかった
改めてゆっくり話そうね、とだけ交わせて、それだけでいっぱいになりました


ラスト思わず曲の最中に「下に降りてもいいですか?」って心の声が口からこぼれてしまって降りたけど、
人と目合わせたら感情がこみ上げちゃいそうな気がして、
最後まで大体みんなの間を縫うように見ることしかできなかった
そんな、「思った以上に...」ということの多々ある30分でした
関わってくれた全ての方へ、ありがとうございました


セットリスト
1.かくれんぼ
2.ひなた
3.秋
4.夜の双眼鏡
5.ふたつめの記憶




Sea Child
あんなに会場でたくさんの人が一緒に合唱してくれたの初めてじゃないかな?
楽しかったなー
はらぺこ最後のライブの直後だったから「このタイムテーブルだと余韻がない。何故この順なの?」
と思いを伝えてくださった方がいました
もしかして他にもいるのかな、だからここで敢えて言わせてください

正直このタイムテーブルに救われたりもしました
イベントの時間上もこの流れがベストだったのと、
そもそも3バンドも出演させてもらえてこんな幸せなことはないです笑
むしろメンバーには逆に気を使わせちゃったんじゃないだろうか
みんなはらぺこのステージ見守ってくれました
さりげなく気遣ってくれたように思います...
7人揃うか怪しかったけどみんなで出演で来て良かった
カオルちゃんも初日から長時間ありがとう





「これからも歌って欲しい」「聴きに行くからね」って敢えて言ってくれた人もいて
歌があって良かったな、
歌ってても良いんだな、
と思わせてくれてありがとうございます

押しつぶされそうになったときにいつも救われる言葉だな

またみんなに会いたいです




ここまで読んでくださった方ありがとうございました
打ち上げ第二弾したい
朝食ぶりの久々のごはんだったのに、
すきっ腹に飲んだお酒だったのに、
全然酔えなかったから笑


みおり
blog - trackbacks(0)
24時間ネットテレビ -2日目-
24時間ネットテレビ-1日目-の記事の続き、失礼します
みおりです

夜中から始まった公開レコーディング
私は早朝から歌RECしました
パラダイスさんの書いた歌詞をもらって
夜中に皆が作った曲を聴かせてもらって
その場でメロディを作って歌いました
配信が停止しちゃって
歌の部分だけ未公開レコーディング(つまり普通のレコーディング)でしたが笑
鶴田君にRECしてもらいカオルちゃんに見守られて3人でなんとか仕上げました!




2
日目のライブ
死んじゃうじゃんか
この時間しかごはん食べるタイミングなくて朝食食べながら(すみません)Ust見ていました。朝から贅沢だった

サイダーズ
皆様ズの戦友。彼らのライブを見るパラダイスさんの顔が、喜びが突き抜けてもはや菩薩の顔で、私はちょっと泣きそうでした

ドラリ座
TUNECOREインタビューで初めて会い、彼らの一言一言に感動して聞いていたのを覚えています。
今回唯一初めて観るバンド。ライブ最高でした


in towns 
歌の旋律も雰囲気も最高。Gt.ハイジMAX(が床で寝ていたから起こそうとした時)の寝顔が可愛すぎて忘れられません

elena
カメラも音声も放置してもいいんじゃないか、何が起きても格好良くしちゃうだろうという心強さ、鳥肌立ちました。
そして長時間起きて戦っている竹前さんがステージでキレッキレという事実に、
「自分も大丈夫だ」とこのイベントならではの勇気を貰ったのは私だけじゃないハズ!


July
麓さんも初日の頭から居てくれて心強かったです。
ゆーじさん相変わらず爆発してて、ディルさんが歌いながら叩く姿あんなに近くで見られたの初めてだった気がする。

17
歳とベルリンの壁
ここにきて耳に違和感が出てしまったため、はらぺことSea Childに備えてベルリン唯一観られなかったのほんと悔しい。。
鶴田くんは企画後に終電で来て夜中から公開レコーディング手伝ってくれて、私も早朝に歌でレコーディング関わらせてもらいました。
この2日間を乗り越えて、「ゆうせいくん」とナチュラルに呼べるくらいになりました。
観られなかったけど、今素晴らしいライブをしているんだ、って、楽屋で祈るように思いを馳せていました。
「終日」のレコーディングでコーラスとして参加させてもらった日から、ベルリンの音がより沁みるようになりました、
メンバーのみんなへ心底感謝。あと、たかのさんが可愛くてツボです


シキサイパズル
良い噂しか聞かないし音楽も人柄もすばらしい、ただただ尊敬。
うちの父が夜中に爆音でCD聴いたり、ツクイさんにメールしちゃうくらい大ファンです。


はらぺこSea Child
長くなりそうだったので、こちらの別記事に書きました。
読んで頂けたら嬉しいです!

57pictures
説明不要なくらい、はらぺことたくさん一緒にステージに立ってくれたお兄さんお姉さん。
パラダイスさんがはらぺこの最後には絶対居て欲しいと言ってた、家族です。
ステージ下からネモさんのうたにハモりながら一緒に歌えて楽しかったな、ありがとうございました。

Zowie Zowie Zowie
Zowieは初めて聴いたときからとても近いものを感じています。
松貴田さんとは(フジロックで1週間一緒に過ごすくらい)仲良くさせてもらい、うたの話もたくさんした人です。
でぃるさん、しーちゃん(あと麓さん)とは初日夜にご飯行けて、癒しの時間をありがとうござました。

nameshop
澄人さんとしか絡んだことがないけど、澄人さんは誤字を一瞬で見つける天才だということだけは、忘れない。笑
まつながさんと不思議な人だね、っていう話をしてたからか、澄人さんのことずっと追って観てしまった。壮大だった。

皆様ズ
ライブする時間があって良かったです笑 時間が推してるということを常に意識せざるを得なくて、皆様ズ何曲できるだろうかと。
カメラ回しながら常に思っていたのは、終始お客さんを撮っていたいっていうことでした。
脚立を持ち上げつつ極力会場全体の熱を伝えたかったんだけど、熱気がすごすぎて、まるっとは無理だなと思いました。
パラダイスさん、というか鈴木さんは、普段本当に寝ないとダメなタイプなので今回一睡もせずにいられたの物凄いことなんです笑
電車で帰宅する際半分寝ていた彼が、謎の行動を5回くらいループしてて面白かったです。
たぶん鈴木さんとパラダイスさんが交互に出現していました笑
準備過程で本当に色々ドラマがあったけど、無事に終わって良かったですね。

彼の人望の厚さ、あとバンドマンに愛される姿が一番伝わるイベントだなって思いました。
パラダイスさんとしても、鈴木さんとしても本当にお疲れ様でした。





はらぺこSea Childのライブについては
こちらの記事に書かせて頂きました
お時間のある時に読んで頂けたら嬉しいです
この記事よりは短いです笑
ここまでお付き合いありがとうございました

みおり

blog - trackbacks(0)
24時間ネットテレビ -1日目-
皆様ズ企画 「24時間ネットTV 〜俺が地球を救う〜」@大宮ヒソミネ

はらぺこも出演させていただきました
あそびにきてくださった方、USTを見てくださった方、スタッフの皆様や出演者、
気にかけてくださったすべての皆様へ
本当にありがとうございました!
みおりです


自分は皆様ズのメンバーではないですが
一身内として、といいますかパラダイスさんの嫁として(笑)、お礼を言いたくて参りました
あくまで主催者は皆様ズで私は出演者の一人なだけですが
開催に至る経緯や本番の2日間をずっと見守っていた一人としても書かずにはいられなくて

まつながさんも気にかけてくれたけれど、
やるなら24時間、というのはとても納得しています
実はお気づきの方もいると思いますがVol.1も2も、24時間以上やってるんですよね笑
とりあえず昨日はすべてやることを終えた後で夜ジム行って体を動かしてスッキリさせてきました
あんなに深い睡眠は久々だったからか、ジムに行く気力が残ってました笑




インタビューまでしていただきました、TUNECORE japan
楽屋サポーターになっていただき、バンドマンに嬉しいあれもこれも差し入れしていただきました、Peatix
沈黙ディスコで使用するヘッドフォンを提供してくださった、AZDEN
ありがとうございました!

皆様ズのひとりひとりにも改めて、
きっと可能ならずっと居たかったはずだけど、仕事の合間を縫ってお疲れ様でした、
Gt.健吾さん、Dr.豊さん
初日から一睡もせずにずっと会場で黙々と任務を遂げたBa.肘さん
ありがとうございました



1日目
メランコリック写楽
トップバッターからみんなのテンションを一気にあげてくれました。

ネコタルト崩壊
仲村君にはアートワークでもお世話になったし、先の活動をどうやっていくかっていう時にパラダイスさんの出演を引き受けてくれました。

ダルマキッド
どんなお祭りにも欠かせない(笑)コージくん、いつもありがとう。
他の方とはお話できなかったけど、出演を快諾してくれパラダイスさんも喜んでいました


horita kouki band
堀田興樹改めhorita kouki bandになりました!本当に素敵な曲をつくります。自分は加入して間もないので、もっと精進していきたいです...!

SACHIKO

お酒がこの時間で飲めないのを本当に悔やんだけど、シラフでももちろん最高でした




1日目ライブがすべて終わり沈黙ディスコ
会場であの光景を目の当たりにしたときはシュールで面白かった笑

肘さんが沈黙ディスコでさわやかにステップを踏む姿が生で見られただけで、私は嬉しかったです笑

では、2日目については別記事に書かせていただきます


みおり

blog - trackbacks(0)
はらぺこ@お休み中
どうもこんちは!
まつながです。

昨日は大宮ヒソミネ、ありがとうございました。
わたしがこういうこと言うのはどうかなーと思う人もいるかもしれませんが、
まあ、あの身内なのでね。
みおりとわたしは、
「相方の彼氏なんて自分の彼氏みたいなものじゃん」て言い合った仲だからね。

皆様ズ、
主犯のパラダイス氏はみおりの旦那なので、
みおりさんもこの日のためにいっぱい頑張ってきました。
パラダイス氏やみおりさんにたくさんご協力頂いたみなさま、ありがとうございました。

24時間もやんなくていいじゃん、てわたしは思いますが笑
もしかしたらみおりさんも思ってたかもしれないね笑
でも、「人生がストレスとその解放の繰り返し」と云うのであれば、
なんか、理解できなくもない気がします。
本当にお疲れさまでした。


はらぺこはしばらく、
みなさまの前で演奏しない期間に入ります。

バンドを続ける、音楽を続けるというのもそうですが、
休止にもたくさんの形があると思います。

わたしたちはライブをお休みしながら、
自分とはらぺこと、存在と音楽に各々向き合う期間となると思います。
その中でラジオに出てみたり、
CDをお届けしてみたり、
(diskunionさんの幾つかの店鋪で販売中)(「未明の歩み」はダウンロード販売中)
それぞれのサポートや音楽を頑張っていくつもりです。
どこかで見掛けたら、どうかお声掛け下さいね。


みおりさんはサポートたくさんやってるから、
色んな人に会う機会が多くて、
活動休止とか説明するの大変そうだなーとか他人事のように思っていましたが笑
わたし自身も、たくさんの方にお声掛け頂いて、本当にありがとうございます。
びっくりしてます。
嬉しいです。

「休止の本当の原因はー?」とか言われたりしましたが、
特におもしろい理由もないです笑

もちろん不仲ではないですし、
音楽性の違いなんていうのもないし、
まあそういうのは今更っていう話だよね。

みおりさんが妊娠したとかではもちろんないし、
残念ながらまつながが結婚するわけでもない!!!

どちらかの身内に不幸があったわけでも、
どちらかの体調が悪いわけでも、
東京を離れるわけでもありません。


わたし自身、
この1年と少しのあいだに、
自分の手の怪我と、mosimoの休止を経験しました。
バンドなんて、ずっとできる保証どこにもない。
はらぺこには、立ち止まらなければいけない物理的な理由はない。

それでも、
それだからこそ、
自分たちの足で立ち止まって、
また歩き出せるようになりたいと思っています。


少しお休みを下さい。
少しっていうのが、
何ヶ月か、何年か、何十年か、
それでもどうか、少し、お休みをください。

またお会いできることを、わたしたちも心から楽しみにしています。
あなたが忘れても、
わたしたちはずっと覚えています。

時間を共有できたすべてのみなさまに感謝を

2015年6月29日
まつなが 拝
blog - trackbacks(0)
わたしのはなし
こんにちは、まつながです。

季節が移ろいでゆきますね。
冬の死、 春の訪れ、やさしい暴力のような初夏の匂いもしましたね。
そして、梅雨
4月がきてから、たくさんの季節の匂いを感じる度、わたしは何度もこう思ったんです。
「1年前のこの季節を、覚えていない」

わたしの話をしにきました。
あなたに伝える為では、きっとない。
もう、誰かの為に何もできないかもしれない。
わたしの為に、言葉を紡ごうと思っています。
興味のある人だけ読んでね


4月に何をしていたとか、そういう事実は記憶している。
ただ、季節の匂いを、移ろいを、わたしは覚えていない。

3月に右手を怪我して、
4月に剥離骨折を発覚してから、1年と少しが経ちました。

ものすごく回復したと思います。
でも、全く以て元通りではありません。

1年前の今頃、
わたしは外を歩くような気持ちにもなれなくて、
誰に会うのも怖くって、
ただ、内に内に、籠もっていった時期でした。
状況や環境は、1年間で変わりました。
でもわたしは、季節の移ろいを感じて生きることができなかった。
ずっとずっと、息をして、生きること、ただ、それだけに必死で。


わたしのしたこの怪我は、
日々回復を、一歩、二歩と、かなりゆっくり回復して行きました。
とにかく最初、右手の親指がほとんど曲がらなかったんですが、
「手を握れるようになった」と、友人にメールしたのが、5月の初めだったと記憶しています。

一歩、二歩、ゆっくり回復していく途中、
五歩も十歩も後退しなくてはいけないような激痛に、ぶん殴られる。
それはふいに訪れる。
何度も、何度も、

何度も絶望しました。
ああ、これだけよくなったと思ったのに、まだだめか。
もう大丈夫、と何度も思ってしまって、
それと同じ回数、ぶん殴られました。

冬には、かなり回復したと記憶しています。
殴られるような痛みはほとんどない、もう大丈夫だ。
そう思ったのに、ふいに、必ず、訪れる。
春が訪れた今でも、その繰り返しです。
まだわたしは、この痛みの訪れるタイミングや、理由を、把握できていません。
そしてまだ、確実に、わたしのカラダに居座っています。


この1年間で、気づいたことがたくさんあります。
まず、痛みに関しては、痛める原因のひとつに「ピアノを弾くこと」があること。
ピアノさえ弾かなければ、痛いだけだったのにね。
でも、ピアノを弾くから、苦しいね。

わたしは、わたしが思った以上に、はらぺこのまつながであることに、全てを賭けてきました。
これも、気づいたことのひとつ。

戻りたい、と思いました。
はらぺこのまつながに。
愛してもらった、はらぺこのまつながに。
東京で生き抜いてきた、わたしに

戻れるのか、とも思いました。
元通りではない、
弾くことそのものが痛みを伴う、
今までのわたしはどこにいるんだろう?
わたしのピアノはどこにいるんだろう?
何を以てして、わたしのピアノは、わたしなんだろう?
そのことを全く知らなかった。
これも、気づいたことのひとつ


1年間、毎日泣いて暮らしたわけじゃないです。
そうだな、ちょうど1年前くらいは、ほとんど呆然としていた。
本を読むのも手を痛めたから、ほとんど何もできなくて
たぶん、眠ってばかりいた。
眠っていれば、怖いことを考えずにすむから。

いつしか、ある程度は普通に暮らせるようになったんです。
水道の蛇口が、右手で捻れるようになった頃かな。
たぶん、本も読めた。
はらぺこのまつながじゃなくても
「きみは、音楽がなくても生きていけることを自覚しなくてはいけない」
この言葉の意味にも、やんわりと気づけたつもりです。



はらぺこはわたしの全てだった。
はらぺこは、わたしの居場所だった。
はらぺこのまつながに、みんなが居場所をくれた。

そして弾けないあいだ、自分の曲を聴いて、愛している、と思った。心から
もう一度、伝えられたら良い。
そんな気持ちで、もう1度はらぺこに向き合ったんだと思います。

鍵盤に触れるだけで激痛、という絶望的な状態から
自分で作った曲を全て弾けるようになる、という絶望的な希望を持って


そして、去年の終わりか、今年のはじめか
その夢を叶えました。
そのときにはもう、
はらぺこのまつながが先に歩むチカラは、
新しい悪戯を仕掛け続けていたわたしは、いなかったんです。


最初は思ったんだよ??
希望を持って頑張ろうって。
でも、何度も何度も、激痛にぶん殴られて
そんな状態で、
新しい何かとか、次の何かとか、
思って、またそれが叶わなくなって、
そんなことをしたら、
わたしが死んでしまうと思ったんだよ。

だから、弾くこと。
それ以外は望まずに生きてきました。
そしてそれ以外は望めなくなって、
そして、弾けるようになったその先に、
何も見えなくなってしまいました。

ああ、何も望まなくても、見えなくても
生きてゆけるんだよ。
そのことを、許してあげようね。
認めてあげよう。
本当は、弾かなくたっていい。
そんな風にも思ったんです、一度は



これからのはなしをします。
純粋な希望のはなしです。
何故希望を持てたのか定かではないし、
これが希望、と言い切れるまで少し時間が掛かりましたが

そのひとがわたしの元を訪れたのは、冬のことだったと思います。
そのひとは、わたしが怪我をしたことなんか知らなくて、
「自分のやりたいことを見つけた」
「でも、自分ひとりでは叶えられる気がしないから、一緒にやらないか」
新しい音楽の話でした。

出会ってからずーっと、アタマの上がらない相手です。
わたしも未熟ですが、この人も大概未熟です。
広い音楽の海に投げ出されたわたしたちは、舵もなく彷徨うことになります。
一緒に彷徨って、新しい泳ぎ方を見つける。
なんなら、新しい舟を作る。

最初は、この人の夢を叶えるゴーストライターでも、
名の無いピアノ弾きでもいいか、と思いました。

いやでもそーゆーのって、ちがうちがう
ぎりぎりのところで、思い止まって
強いわたしは死んだ、わたしは何度もそう思った。
でも、最後の、治りかけの傷痕が、わたしの手を掴んでくれました。


このひとは、ギターを弾いてうたうひとです。
ひとりで音楽を完結する技術を持ったひとです。
でも、わたしがいいって言ってきやがりました。
わたしはこのひとの隣で、
「こいつひとりでもいいけど、このピアノいたらもっとよくね?」
ていうピアノを弾きます。
そうじゃなきゃ意味ないでしょ、そういうわたしになりたい。
なーんて思えたのは、なんでだったかな。
もう思い出せないけど。
形の無い希望と絶望に捕われっぱなしだったね。
でもなんか、あるときそう思えて

そして、このひとの気持ちを紐解きながら、形にして
わたしの奥底に眠ってる何かを、引っ張り出してやろうと思います。
根本的にあまり似てないひとですから、
すぐにわたしは、わたし自身の言葉にもう1度会いたくなるでしょう。
まずは、このひとを紐解くことで、自分の深遠に触れてゆくことにします。

そしてこのひとは、大概多忙なひとですから、
どれだけこのひとと一緒に、このひとの曲を伝えられるかわかりません。
わたしは、このひとと一緒に作った曲を、自分自身の曲と言い張ります。
そしてわたしがうたって、ひとりでも多くの人に伝えにいきます。
このひとの気持ちを少し預かってさ、
たくさんのひとに聞いて欲しいっていう、その願いを
わたしが叶えにいきます。
わたしの声で、わたしの言葉で
わたしの夢です。


これが、これからのはなし。
流れ星のようにあらわれた、わたしの希望。
これからのわたし。

元々、はらぺこの休止に伴い
うーん、何かやりたいなあ
何人かに、自立を勧められて
じゃあ、ひとりでもやってみるかーと思ったりもしましたが
まずは、このひとと仕掛けたいと思います。
このひとと一緒に、広い海を泳いで
気づいたらひとりで遠くまで泳げたんじゃね?ていう
わたしになってやる、という野望を抱えながら。

ただ、この活動があるからはらぺこが休止に至ったわけではないということを、
ご理解頂けたらと思います。
本当に流れ星みたいだったんだよ。
きみはいつもそうだ。



もしも、あなたが
「まつながは??」とか
「アイツ最近SNSで見なくね?生きてんの?」とか
「mosimoも休止中であいつどうなるの?」とか
少し思ってくれてたら、その答えになるようなことを書けたかなと思います。

ああ、誰かに好きになって欲しかったな
愛されたかったな
格好つけたかったな
はらぺこのまつながを演じ続けたかったな


もーそーゆうの、どーでもいいかなっ

これから作り出す楽曲を、誰よりも愛してゆきます。
誰かに愛されたらラッキーだね。
でも、愛されなくても、きっとわたしが好きでいるよ。
大好きだなあ、と思って伝えていくよ。
格好悪くてもいいよ。
どっかで聞いたことのあるような、フツーの曲を作るかもしれないね。
あなたが好きだったわたしには、もう二度と会えないかもしれないね。
あなたはどうか知らないけど、わたしはゼンッゼン淋しくない。
だってこれからの方が、おもしろそうじゃん?
あなたのために生きられなくてごめんね。
くれてやれるものは、なにもないよ。

わたしに賭けてゆきます。


最後に、
このはなしを、笑って聞いてくれた全ての友人に感謝します。
どうしてだか、「まつながのうたがやっと聞けるんだね」と言ってくれた人が3人もいました。
この3人が何を思っていたか甚だ疑問だけど、
君たちのところには届くといいなと思っています。
君たちが笑った顔が、なんだか大変支えになりました。
多分、これからもずっとそうです。


最後まで読んでくれた方がいたら、本当にありがとう。
元気にやっています。
別記事とか別の場所に、書くと思いますが
サポートライブや、参加させて頂いたCDのリリース情報等もございますので、
どっかで見掛けたら声を掛けて下さい。


このひろい世界のどこかで会いましょう。
わたしは、しあわせです。


2015年6月10日
松永紋華 拝
blog - trackbacks(0)
折りたたみ傘欲しい
"Roots of Mind Vol.2"@下北沢rpm
 lucy+peter=esolagoto 
 堀田壮一郎

愉快な先輩2人にはさまれて
はらぺこも40分ステージやらせていただいました
とにかく家みたいな雰囲気で居心地最高!
ありがとうございました

オープン前にまつながさんと下北であそんだんだけど
1時間でかなり満喫
・コスメショップで私はハンドクリームの使用感、まつながさんはリップの可愛いパッケージにテンション上がり
 (これ書いてて、この辺りにわたしたちの違いが表れてる気がした)
・ゲーセンの優しいお兄さんのおかげでスヌーピーポーチ400円で3つゲットして
・美味しいカレーパンを食べ歩く
・カルディ
・ビレバンのガチャガチャを眺める
これ1時間でやり切ったのすごくない?笑
たのしかったね

あ、個人的にライブから家に帰る途中で
The Wisely BrothersのGt.Vo.はるこちゃんに遭遇したのうれしかった
はらぺことサポートで2度対バンさせてもらいましたが
いつもめっちゃかわいい、好き過ぎる

セットリスト
・夜明け
・every
・光線
・秋
・落下の季節
・夜の双眼鏡
・ふたつめの記憶



最近雨が続いたから傘が2本くらいダメになりました笑
強風でポキっとなったり
折りたたみは便利だけどやっぱりちょっと弱いのかな?

雨に慣れて
もう濡れても良いやーって、
少しの雨くらいだったら傘持たないで家を出るようになりました笑

雨嫌いじゃないんだけど
玄関に屋根がないところに引っ越してからちょっと億劫です



さて、今日も楽器を背負ってリハ行って来ますー!!!
GWは実家の猫に会いたい

みおり
blog - trackbacks(0)
かお
最近おなかがすいても我慢出来るようになってきたんだけど、
そのかわり
突然ガッツリ食べる→胃がビックリして痛くなる
という事が多々あります

もしまた同じこと繰り返したら、
翌朝飲むスムージーに消化を促してくれるハーブを入れようと、
最近気になっていたディルを購入しました

その前に急に食べるの止めればいいんじゃない?
と、今ここに書いてて思いました...
みおりです




さて、先日スーパーに入ったらドライマンゴーを発見したので

今年のバレンタインはこれだ!!!
ということで、マンゴーフェイスつくりました

57pictures
誰が誰か分かりますか?
正解は最後に!


2マンで音響監督を努めてくれる
DJ αことまっすーさんとゆうこさん
ゆうこさんの睫毛がポイントです


その他にも
え?誰にあげるの?という感じですが、
人間以外もつくりました




では
そろそろ
書くこともなくなって来たので、
57pictures顔当てクイズ
正解を発表します
(一応スクロールしてすぐ正解が見えないように、行数を稼いでおります)

じゃん!

お鈴さんが個人的には一番似てるとおもいます
いかがでしょう??

そんな57とはらぺこは2マンとのリハ真っ最中です
よろしくどうぞ!
 




ちなみに今回のラッピングはこんな感じ
ラッピングっていうかジップロック笑


そういえば材料が無くなった後で
自分を作り忘れている事に気づき
無理矢理はらぺこを作ったんだけど...

ちょっと無理がありました笑

なにはともあれ、
受け取ってくれた皆さんありがとうございました★

みおり
blog - trackbacks(0)
夜の下北沢
こんにちはみおりです!

先日2/14バレンタインはいかがお過ごしでしたか?
わたしは鍵盤とうたで参加しているSea Childのライブ@大宮ヒソミネでした
見てくださった皆様、
対バンの
unsnuff/堀田興樹さん/カナリヤの咆哮/瑪瑙針
ヒソミネのスタッフの皆様、ありがとうございました

最後に出演されたunsnuff工藤さんの「なぜかディレイが止まらない事件」で
会場がひとつになりましたね笑

Sea Childはアコ編成(といっても6人編成)
メンバーが増えての初ライブ
賑やか楽しかった!
わちゃわちゃして緊張感のないMCだったけど
Vo.のカオルちゃんらしさが出てて良い雰囲気だったね



ライブ後帰ろうと思ったんだけど
この日はJuly下北沢屋根裏でレコ発だったので
終電でそのまま行き先を変更して急遽下北へ
打ち上げから参加させてもらいました
久々に朝まで飲んだなー
Julyレコ発おめでとう!!

飲み会では最後シキサイパズルツクイさんとずーっと話してました
うちの父からシキサイ宛にCDのお礼メールが来たという話になり
年末にtwitterでちょっとこの話つぶやきました
「みおりパパ」というワードが何度も出てきたので
急に父に会いたくなってさっき電話しました笑

父「ちょうどまたメールしようと思ってたんだ!」
私「・・・??」
何のメールをするのかは聞きませんでしたが、
シキサイの皆様、うちの父を宜しくお願い致します笑



この日の飲み会で改めて感じましたが、
身近にいるバンドマンいい人ばかりでとても感謝しております
みんないつもありがとう!!!
blog - trackbacks(0)
君に伝えたい幾つかのこと
臆病な僕など早く殺して、

ずっとずっと聞いていた歌詞なのに、
今頃になって、やっとわたしの心臓に刺さってくれたね。
ずっとずっと、そばにいてくれてありがとう。

ふいに、
「なんとかなるよ」と思えたりした。
思い返せば、ずっとそう思って、信じて
信じる為の嘘を、繰り返してきたはずなのに
あの日から1年、わたしはその言葉を思い出せずにいたね。

まつながです。
今年6本のライブを終えて、今日という日を迎えています。

1月5本、
今までのはらぺこ活動ペースから見ても、ライブが多い月でした。
たくさん出会って、共有してくれたみなさま、本当にありがとうございます。

1月のこの5本を弾ききる、と決めて望みました。
はらぺこの活動を始めて、もう6年になるかな。合ってる?
たくさんのライブをして、曲を作って
「はらぺこのまつなが」であることを中心に
そして、その事実を"当たり前"として生きてきました。


「世界は終わった」なんて歌詞を書いた直後に、
自分の世界が一度終わることになるなんて、
これっぽっちも思っていなかったし
今になってやっと、やっと認めてあげられる。
3/12、確かにあの日わたしの世界は一度終わった。

気づいたら自分の手が信じられないくらい膨れ上がって
人生で感じたことのない痛み。
すぐに病院に行って、でも全然よくならなくって
1ヶ月後、別の病院に行った結果、
右手親指の付け根を、剥離骨折していました。

この1年、「骨折してたんだったね〜」てたくさんの人に声を掛けてもらって
たくさん気に掛けて頂いたこと、本当に嬉しく思っています。
思ったより、ブログとかTwitterとか見てくれてるんだな!と思って

でも、10月の復帰ライブ以降、新しく出会った人もたくさんいるから
改めてこの話をさせてね。
骨折をしていました。
小さな小さな剥離、
レントゲンを拡大してやっと見つけてもらった、わたしの指から離れた骨。
レントゲンを写メしたやつを持ってるんだけど、
それをここに載せても、「え、どこ??」て言われるくらいちっさい剥離だから
写真とかも載せないけど笑


楽器に貼った、3/19 57picturesのパスが、ぼろぼろになって
あの日からたくさん時間が経ったことを、実感する日々です。
3/19
鍵盤に触れなかったわたしが、怪我後初めてステージに立った日。

あれからもうすぐ1年が経って、骨折は治って、症状も大分改善されました。
ただ、あくまで改善しただけで、
1年間誤摩化し続けてきました、逃げて、認めずにいました。

現在の状況は、「痛いけど弾ける」


やっと認めてあげられる、
わたしはブログで「弾けない手にならなくてよかった」て言ったことがあったけど
そう思うのと同じくらい、
もしかしたらそれ以上に、
そう思うより早く、
わたしは何度も何度も思ってた。
「これはもう、弾けない手かもしれない」

「必ず復帰するから待っててね」みたいなことも言ったと思います。
でも本当は、何度も辞めようと思いました。
完全に動かすことができないわたしの手で、はらぺこが続けられるのだろうか
続けたところでどうする?
ずっと苦しみ続けて、満足に弾けなくて
そう思ったらこれは、弾けないカラダなのではないか、と。


大丈夫だ、て言い続けました。
元気だよ、て言い続けました。
でも本当は、一握りの希望を持てたときにだけそう言って、
怪我以降、露出を避けていました。
こんなこと言うのは本当に申し訳ない、ごめんなさい、でも
怪我をしたあと、ライブ休養期間に入る7月までのライブは、
「自分から見に来て欲しい、と言える状況ではないので、告知とかを控えさせて下さい」
ていう状態で、ブログ等をお休みさせてもらっていました。
弾くって決めたのにね。ごめんね。
見せられるライブではない、という演奏をしたつもりではないから、
その期間見に来て下さったみなさま本当にありがとう。

今だから認めてあげられるけど、
人と話すのが怖い時間も長かったです。
沢山の人を遠ざけてしまってごめんなさい。

何を言っても、言われてもダメだったんです。
痛みを認めて、それを他人に打ち明けるのも怖かった
痛いことと向き合えなかった。
「大丈夫だよ」なんていう嘘も吐けなかったし
あなたの「大丈夫」という言葉も、信じられるわけがなかった。


何の希望もなかったね。
不安と絶望ばっかりだった。


今思うと、本当に泣いてしまいそうな目標ばかり掲げてきたよ
怪我の直後3/19は、なんとかステージに立つ。
そこから、2人でなんとか30分のライブをやる。
そして、はらぺこの持ち曲を全部もう1度弾けるようになる。
そして、はらぺこの持ち曲を、わたしが望んだ音程で弾けるようになる。
しばらく右手の親指を使わずに弾いてたから、これも中々難しかったんだ。
そして、30分のライブを、30分以上のライブを、全力で弾けるようになる。

そのわたしが今年掲げたのが、
「1月5本のライブを弾ききる」でした。
達成できて本当によかった。


達成したからもう安心、というものではなくて
わたしは改めて、自分の状況と痛みを自覚することになりました。
「痛いけど弾ける」これがわたしの答えです。

ただ、1月のライブ中、ずっと思い出して
思い出したら笑ってしまう言葉があって。
「はらぺこのまつなが、じゃない。
まつながのはらぺこを始めなさい」てやつ。
ずっとずっと、音楽は苦しいと言っているわたしを知りながら
楽しく弾きなさい、と言ってくれた、あなたのその言葉
思い出したら笑ってしまって、
いま、楽しく弾けたら、弾きたいように弾けたらいいんじゃないか、なんて
漠然と思えて。

1月5本を弾ききったさきに、何があるか
何もないかもしれない、なんて覚悟だったけど
その言葉と、気持ちを思い出せたことは、大きな収穫だったな。


わたしが愛していた、あのときの弾き方とわたしには、もう会えない。
わたしは絶望しきっていた。
わたしはどこにいるんだろう?
わたしのいいところ、
はらぺこのいいところ、っていうのは
今でもあるのだろうか。

今でも不安に思ったりします。
10月の復帰ライブ以降、ブッキング担当してくれたみんなに聞いてみて
大層困らせたと思うんだけど笑
みんな色々言ってくれて、
明確な答えは一個もなかったけど笑
それでも、みんな
「はらぺこはすばらしい」て言ってくれたことが
本当に励みになりました。


そしていま、
どういう奇跡が起こったかわからない。
療養中、何の趣味もなくて
というか、本を読むとかパズルやってみるとか編み物始めてみるとか
思い付いた多くの趣味的なものも実現不可能な手だったから
という言い訳もあるけど
とにかく引きこもって、絶望しきっていたわたしが
いま、願っていることは
「弾きたい」ということです。

音楽と向き合いたい。
音楽を知りたい。
新しい挑戦をしてみたい。
色んな曲を聴いたり、弾いたりしてみたい。

なんでそんな風に思えたんだろう。
ずっと逃げ出したかったのに。
ピアノさえ弾かなければ、もうほとんど気にならない痛みなのに
そう、弾くことがいちばん自分の手を痛めることは
結構早い段階で自覚していた。
今でも多分変わってない。

「弾きたい」と思ってる。
弾きたいことだったり、
はらぺこでだったり、
いつまでそういられるかわからないけど
人生を賭けて、確かに。
わたしは挑戦したいと思ってる。

今まではらぺこは、
音楽よりも、建前や目標にしがみついてきてしまったな、と思ってる。
だってそうしないと死んじゃうじゃん
何も残せなければ、
何も行動できなければ、
ある意味、音より大事だった。
CDのリリースや、ライブ、企画をやること。

よく頑張ったね、悪くなかったと思ってるよ。
でも、これからは音そのものと向かい合いたいな
持てる全ての時間を使って。


今だから認めてあげる。
怪我をしてよかった、とは思ってない。
カケラも思ってない。
今だからハッキリ言ってやる!
「今のうち、若いうちでよかったね」
「休養も経験になるよ」
「新しい弾き方とかも見つかって、勉強になるんじゃない?」
て言った全員をぶん殴ってやりたい。
ごめん、こう言ってくれたのはわたしの大事な人たちばっかりなんだけど笑

弾き方は変えたよ、
そうしないと弾けないからね。
でも、こんなもの、
あと10年20年掛かったって、自力で見つけるものだよ。
こんなねえ、
カイトの敵討ちをしたときのゴンみたいな、荒技使わなくたってさあ!

でも、今だから認めてあげる。
怪我をして学んだことはたくさんありました。
まだまだ未熟ではありますが、
鍵盤とわたし自身と、たくさん向き合いました。
わたしのいいところ、わたしの音ってなんなのか
たくさん考えました。
答えはまだ見つかってないけど
いま、弾けることがしあわせで、本当に楽しいです。

ああ、こんな怪我なんて理由じゃなくて
「楽しく弾きな」の意味がわかったらよかったのに
とは思うけど、
でも、実感できてよかった。


これからも、向き合い続けると思います。
わたし自身と、その音と、
そして、痛みと。

痛みに関しては、
偏頭痛とか花粉とか、そういう持病がひとつ増えたと解釈していました。
偏頭痛は、かなりニュアンスとして近いよね。
たまに、それもよくわからなかったりするタイミングで激痛になるから。
だから、その事実と向き合おう、て思ってたけど
でも、そうじゃなくて
治せるなら治したいね。
1月5本もライブしたら、激痛に当たってしまったライブがあったんだよねえ。
それも1本だけじゃなかったんだ。
そういうのは、もう嫌だよね。弾きたいんだよ。


苦しみのひとつに、
「こんな状態で何を伝えればいいんだ」ていうのがあった。
はらぺこは、一雫の希望だ。
その涙を誰の為に流したか、あなたの答えが
君はもうここにはいない、だけどどこかにいる、ということが
どうしようもなく苦しかったとき、わたしの一部を預けられるあなたがいたことが
そして、
あなたの言葉と共に、もう一度春が訪れようとしていることが
わたしとあなたの希望です。

もう、これでもかってくらい絶望しきっていたから
何を伝えていいかわからなかった。
いまも、「怪我以前と同じように」はむりだ。むりむり

ただ、この1年間を
「わたしの持ち合わせているどんな絶望や希望でも救いきれなかった」
と思っている。

だって、鍵盤が触れなかったのって、最初の2,3ヶ月くらいだったし
親指なくても弾けなくはないし、と思ったら
やっぱ弾くの辞められないから、絶望しきることもできなかったし。

でも、この手でも頑張るぜ★
なんて開き直るほどの希望も持ち合わせていなかった。

そのわたしが、もう一度弾こうと思っている。
たぶん、1年前に持っていなかった何かを手に入れたんだ、きっと。
きっと、まだわからなくても。


「弾き続けたら、いいことがあるかもしれない」
なんていう、やわい希望も持っていた。

ひとつ、その夢が叶うのが2/28

わたしたちのホーム、
そしてわたしが怪我をした場所である
町田WESTVOXへ参ります。
この話や思いは、また伝えるから、フライヤーだけ貼らせて



そして、
きっとはらぺこを辞めていたら後悔していた、と思うのが
下北沢屋根裏。
3月いっぱいで閉店する屋根裏でのラストライブは、3/9(月)
あのまま屋根裏にもう二度と出れなくなっていたら、
わたしは死ぬほど後悔していたはず。


いまは、四季廻りに全力投球しています。
3月のライブも決めましたが、
これからのこと、わたしが何者だったか
よく向き合っていきたいと思います。


こんな未熟なわたしですが、
支えて下さった全てのみなさま、本当にありがとう。
今日まで生きてきたよ。
これからが楽しみだと思えるようになったよ。
また会おうね。


自分を暴く為に、このブログを書きました。
ずっと、言うべきではない、と思っていた幾つかも書きました。
今は別に隠す必要がないと思ったし
どちらにせよ、はらぺこの鍵盤の人は
一度死を覚悟した、ということを
きっとどこかであなたは気づいたでしょう。

最後まで読んでくれてありがとう。
いま、希望を持って生きていることに
心から感謝しています。


2015/2/12
まつなが 拝
blog - trackbacks(0)
0113下北沢屋根裏
大変遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます。
まつながです!

自分的にはもう全然新年的なテンションじゃないんだけど、
だけども、
もう13日かー!はやいなあ。

今日、楽しみにしていた夜が来ます。

1月13日(火) 下北沢 屋根裏
"Love&Acoustic"
18:00 open
18:30 start
ADV 1500yen+1drink
DOOR 1800yen+1drink
w / 松下直樹 / 鈴音 / 神楽サティ / 黒木翔太 / しまだあすか(茨城) / 鹿谷弥生
出順 / 7 (21:30頃~)



みんな屋根裏の場所は覚えたかな?
南口を出て、マクドナルドを右手に見ながら直進
突き当たったら、ファーストキッチンを右手に見ながら歩いてすぐ!

出演時間は遅めの21:30頃から
お仕事帰りの方も、お気軽にお立ち寄り下さい。


いっつもことなんだけど、
話したいことがあるような気がするんだけどよくわかんないから
ライブのお知らせするね。

1月は残り3本、

1月21日(水) 渋谷乙
KINOTO proudly presents "Time is Running"
18:00 open
18:30 start
ADV 1800yen+1drink
DOOR 2300yen+1drink
w / Arere? / arica / comolebi / inside of the door / 雨の花束
出演順 / 4 (20:15~)

ブログではお知らせしてなかったけど、このライブ追加!
1月26日(月) 新宿 WildSideTokyo
"A HAPPY DAY〜PA KUBOYA birthday編〜"
ADV 1400yen
DOOR 1900yen
w / 57pictures / ハルカカナタ / Glaschelim / Fujistep

大好きなPA!
久保谷ねーさんの誕生会!
気張っていきます!!!

1月ラストはコレ、久々の三茶
1月28日(水) 三軒茶屋Heaven's Door
18:30 open
19:00 start
ADV 1900yen+1drink
DOOR 2300yen+1drink
w / BRAND CALL / BABEL / strange world's end / コアラズ


2月は5日(木)に、ちょう久々
渋谷GUILTYへの凱旋ライブとなっております。
療養中も、ずっと気に掛けてくれていたGUILTY本田さんの元へ
全てのチカラを持って、
いやいや"今"のいつも通りのわたしたちで
会いに行こうと思っています。


そしたらね、そしたらだよ
町田に帰りますね。
どうか待っていて

!!!pick up!!!
2月28日(土) 町田WESTVOX
57pictures × はらぺこ コラボレーションプレミアム2MAN LIVE
"四季廻り vol.2"
16:30 open
17:00 start
ADV&DOOR 2000yen+1D
※学生証提示でチケット代半額!!!

57と町田に帰れる。
オープンスタートが決定しました。
早めの時間なので、お気をつけ下さい。



1月は多めの5本のライブ、
そして2月には企画
今までのわたしたちのように、全力で走れるようになりました。
走ろう、と思えるようになりました。
今は、57がそばにいてくれるから心強いな。

別に何も今まで通りにはならないよ。
今までだってそうだったじゃん
昨日のわたしはいつもどっかに行っちゃうんだよ、
毎日繰り返してそういうもんんだよ。
何かが"元通り"になったわけじゃない。

でも、この5本のライブ、
そして2月のGUILTY、
町田での四季廻り
真摯にぶつかったら、何か、なにか、

何もわからなくても、
それでも1回、全力でぶつかってみよう、て
今のわたしで、そうしてみよう、て思えた。
鍵盤にしがみつく、それだけだった2014年は終わったので
また新しい気持ちで取り組みたいと思います。


まずは明日、
下北沢屋根裏、わたしたちにとって大切な場所です。
全力でぶつかって、安心して弾いてきます。
どうか聞きに来て下さい。


 
blog - trackbacks(0)
| 1/17 | >>